対談

日本にリスクマネジメントは存在したのか?
想定外の「正体」を暴く

写真を拡大ISO/TMB/ リスクマネジメントWG 日本代表委員三菱総合研究所研究理事野口和彦氏
写真を拡大眞崎リスクマネジメント研究所代表眞崎達二朗氏

未曾有の被害をもたらした東日本大震災。繰り返される「想定外」という言葉に、そもそもリスクマネジメントとは何なのかという疑問を抱き たくなる。これほ どの被害を防げなかった理由は何か、問題はどこにあるのか。今、日本のリスクマネジメントのあり方を原点から見直す必要がある。ISO リスクマネジメントWG 日本代表委員を務める三菱総合研究所研究理事の野口和彦氏と、眞崎リスクマネジメント研究所代表の眞崎達二朗氏に、対談していただいた。

司会:リスクマネジメントの視点から、今回の震災の本質的な問題はどこにあるのかを考えてみたいと思います。まず、今回の震災をどのように検証する必要があるとお考えですか。

野口:一夜にして2万人を超える被災者を出した津波や、今後のエネルギー施策全体に大きな影響を与える原発事故について、再発防止をするにはどうしたらいいのか、そのとき、リスクマネジメントという手法は本当に有効なのかを考える必要があると思います。
私は、リスクマネジメントは安全を考える手段の1つであり、常にリスクマネジメントの完全な遂行が必要だとは考えていません。社会や企業にとっては、安全を守ること、災害による被害を防ぐことが目的で、その手法としてリスクマネジメントが有効でないのであれば、何もリスクマネジメントを取り入れる必要もないわけです。ただ、現時点ではリスクマネジメントは有効だし、その実施が必要だと考えています。
しかし、リスクマネジメントの有効性を議論する前に、そもそもこれまで本当に日本にリスクマネジメントは存在したか、単にリスクマネジメントという言葉だけを使って、実は防災対策や安全活動をリスクマネジメントだとか、リスクアセスメントというように置き換えただけだったのではないかということを総括する必要があります。

眞崎:日本では、リスクマネジメントは損害保険会社の営業推進の手段として使われたという面がかなりあったように思います。アメリカではリスクマネジメントは保険を買う企業の側が始めたものなのに、日本では、主に損害保険を売る際のサービスとして使われてきました。また、その場合、リスクマネジメントは企業の価値増大の手段という点に重点が置かれて、根本的なリスクマネジメントという概念がおろそかになってしまっていたのではないかということも反省すべき点だと思います。

野口:リスクマネジメントの原点は、物事をありのままに受け止めなければならないという考えにあると思います。ありのままに受け止めようとすると、不確定なものが見えてくる。それを企業や社会は謙虚に認めなければなりません。
一方、企業や社会が目標として「安全」や「利益」を生み出そうとした際、絶対という目標自体が成立し得ないことに気付きます。つまり、ある目標の達成をするには、リスクという概念を取り入れなくてはいけないということがリスクマネジメントの根底にあるというのが私の考えです。
ところが、日本にリスクマネジメントが取り入れられたとき、一部には、絶対に安全だとか、経営施策が正しいことを証明するためのツールとしてリスクという概念を導入する動きがあったように思うのです。

眞崎:リスクというのは、不確実性ということだと思います。それなのに、絶対安全という言葉そのものが矛盾しています。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。