被災後の石巻市の様子

宮城県石巻市にある標高50 メートルほどの日和山から見下ろした市街の風景は、正直、美しささえ感じさせた。太陽の光が海で反射し、その光が街全体を包み込む。もし、津波さえ来なかったら、ここはどんなにすばらしい場所だったのだろう。
山を降り、街中に足を踏み入れると、俯瞰から見下ろした時の感情とは違う、強烈な悲しみが込み上げてくる。瓦礫の上に置かれた子どもの写真や、家族で使っていただろう茶碗……。当たり前のことだが、1軒1軒に温かな家族の生活が存在していたことを、瓦礫の上を歩いて初めて実感する。


本誌リスク対策.com では、創刊以来、企業・組織の存続をテーマに、事業継続計画(BCP)やリスクマネジメントについて取材をしてきた。ただ、目の前に広がる惨状を前に、BCP やリスクマネジメントをしっかりやっておけば助かったかと聞かれたら、YES とは答えられないだろう。それだけに、無力感とやるせなさが体中を支配した。

海が近くにあるなんて
50 代後半ぐらいだろうか。流された家があった場所で立ちすくむ一人の女性と話すことができた。
「母と、弟がこの下にいるはずなの。介護が必要でね、弟は毎日つきっきりで介護をしていた。おそらく、もう逃げなかったんでしょうね。ただ、この下にいてくれるのか、津波で流されてしまったのか…」。

遺体とも対面できない人が数多くいる。新聞やテレビニュースでは十分に知らされていたことだが、返す言葉も見つからなかった。

ほとんどの建物が倒壊した後の景色はやたらと見通しがいい。平地のはずなのに、遠くに海が見える。女性は「小さな頃は、海水浴によく行ったけど、海がこんなに近くあるなんてね」と、海を見ながら静かな声でつぶやいた。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。