被災時に企業の資金繰りに役立つのは地震保険だけではない。銀行からの融資や、あらかじめ手持ち資金を多く持っておくことも大切な視点だ。こうした財務戦略をリスクファイナンスと呼ぶ。

経済産業省が2006 年3 月にまとめた「リスクファイナス研究会報告書」には、リスクファイナンスの種類や特性、企業にとっての最適化を考える視点がまとめられている。それによると、リスクファイナンスの最適化を図るには、①各企業が置かれた経営環境②財務状況③ステークホルダーからの要請④全社的なリスク評価結果̶̶を把握し、その上で保有可能なリスクと外部移転すべきリスクの峻別を行い、さらに、リスクファイナンスで手当てすることにより得られる効果と、導入に要するコストを勘案した上で、自社にとって最適な手法を決定することを求めている。また、企業の内部状況(財務状況など)や外部環境(顧客動向、経済動向、法制・税制など)の変化を踏まえることが重要な視点としている。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。