福島県小野町の塩田恒美さん(61)方が全焼し、7人が遺体で見つかった火災で、県警田村署は7日、DNA型鑑定などから、7人は塩田さん一家と確認したと発表した。出火原因は特定できなかったという。
 同署によると、死亡したのは塩田さんのほか、母サクノさん(81)、長女美紀さん(30)、いずれも孫の大輝君(8)、大翔ちゃん(6)、李帆ちゃん(4)、皐大ちゃん(3)。死因は子ども4人が焼死で、大人3人は一酸化炭素中毒だった。
 郡山地方広域消防組合などによると、焼損の激しかった1階南東の寝室にストーブやヒーターは置かれていなかった。電気毛布は発見されたが、無事だった家族は「電気をつけていなかった」と話している。設置が義務付けられている住宅用火災警報器がなく、火事に気付くのが遅れたとみられている。 
 火災は11月21日午後11時ごろに発生。塩田さん方の木造一部2階建て住宅などが全焼した。(了)

(ニュース提供元:時事通信社)