国民の自由と行動制限のバランス

巨大な国土と人口を持つ中国。彼らの危機管理体制もまた、あらゆる災害に備え強化されている。


危機多発の社会到来と高成長時代における個人の富の増加に対してどのような施策を講じているのか。


重症急性呼吸器症候群(SARS)や四川大震災後の中国の取り組みを、

北京清華大学公共安全研究所所長の顧林生博士に聞いた。

中国の危機管理体制は、過去の社会主義の対応と異なり、重症急性呼吸器症候群(SARS)が国際的な問題となった2003 年から本格的に整備されたと言っていい。

SARS は2002 年11 月に中国広東省で発生し、短期間で世界29 カ国に拡大し、中国本土で感染者5327 人・死者349 人、世界全体では感染者8098 人・死者774 人という人的被害を出し、2003 年7 月に制圧された(WHO 調べ)。流行が世界的に拡大した原因としては、中国の初動の遅れを指摘する声もあり、特に危機管理体制については、それまでの法律では対応に限界が出たこと、地方と中央政府の連携がとれなかったこと、緊急対応マニュアルが整備されていなかったこと、指揮命令に関する権限・責任が明確になっていなかったことなどが、その要因として挙げられている。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。