特別寄稿
東日本大震災の教訓を踏まえたBCM有効性向上のための提言

問われた事業継続の本質

2011 年3月11 日に発生した東日本大震災は、日本の産業史にとって過去例のない大災害となった。 東日本大震災の特徴は、超広域そして複合災害であり、企業はその活動に大きな影響を受けた。人員の安全確 認などの緊急時対応、そして事業の継続について、日頃からの「備え」が生かされた企業はもちろんあるが、 一方で現状の概念による事業継続計画(BCP)の有効性・実効性が十分ではないことも判明した。

本内容は、以下機関の様々な知見を集大成し、事 業継続マネジメント(BCM)の観点から、東日本 大震災を総括して、今後の BCM の有効性と重要 性、および、そのための課題を明確にするととも に、今後の事業継続マネジメントシステム(以下、 BCMS)のあり方についての抜本的かつ斬新な提言 を行うことを目的としている。  

提言は、単なる反省や教訓への対処ではなく、将 来の災害等の危機事象に対して、事業や企業継続性 について有効に働く BCMS の構築という本来的な 目的に資する内容となるように努め、併せて全世界 に対して日本からの警鐘と提言とすることも目的とした。  

検証の方法として、できるだけ多くの事例を集め、 課題を抽出して、それらの課題に対して、様々な BCM のガイドライン・規格等から検討を加え、改善策となる教訓を導き出すこととした。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方