特別寄稿
東日本大震災の教訓を踏まえたBCM有効性向上のための提言

問われた事業継続の本質

2011 年3月11 日に発生した東日本大震災は、日本の産業史にとって過去例のない大災害となった。 東日本大震災の特徴は、超広域そして複合災害であり、企業はその活動に大きな影響を受けた。人員の安全確 認などの緊急時対応、そして事業の継続について、日頃からの「備え」が生かされた企業はもちろんあるが、 一方で現状の概念による事業継続計画(BCP)の有効性・実効性が十分ではないことも判明した。

本内容は、以下機関の様々な知見を集大成し、事 業継続マネジメント(BCM)の観点から、東日本 大震災を総括して、今後の BCM の有効性と重要 性、および、そのための課題を明確にするととも に、今後の事業継続マネジメントシステム(以下、 BCMS)のあり方についての抜本的かつ斬新な提言 を行うことを目的としている。  

提言は、単なる反省や教訓への対処ではなく、将 来の災害等の危機事象に対して、事業や企業継続性 について有効に働く BCMS の構築という本来的な 目的に資する内容となるように努め、併せて全世界 に対して日本からの警鐘と提言とすることも目的とした。  

検証の方法として、できるだけ多くの事例を集め、 課題を抽出して、それらの課題に対して、様々な BCM のガイドライン・規格等から検討を加え、改善策となる教訓を導き出すこととした。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。