対応能力を向上させるポイント



「まずやってみる」 こと




「BCP に取り組んでいて本当に良かった」 。東京 都 BCP 策定支援事業に参加いただいた多くの中小 企業の社長の皆さまから3月 11 日以降に頂戴した ありがたいメッセージです。  



弊社は、東京都が 22 年度に行った BCP 策定支援 事業において、当事業の受託企業として、都内の中 小企業 35 社に対して、BCP 策定支援を実施しまし た。ご参加いただいた企業の皆様からこうした生の 声をいただけたことは、この仕事をしていて良かっ たと思える大きな出来事でした。  



さて、東日本大震災が発生した3月 11 日午後2 時 46 分は、重責を担う役職員が外出されていたと いう企業も多かったのではないでしょうか。対策本 部メンバーが揃わず、被災想定通りに事は運ばず、 その場で起きることは、考えていた被災シナリオ以 外のことばかり。これは、多くの企業・組織にとっ て同じような状況だったと思います。それでも、先 ほど紹介した企業においては、BCP は確かに役に 立ったのです。  



社長不在の中、代行の意思決定者を決めていたお かげで、2番目、3番目の意思決定者が対策本部を 立ち上げ、情報収集、社内外への連絡など速やかに 実施されました。社員を守り、取引先からは大いに評価され、信用という財産を得ることとなったのです。  



これまで多くの経営者と一緒に BCP 策定に携わり、東日本大震災を経験した中で、BCP を機能さ せるためのポイントについて、確信したことがいく つかあります。それは起きた事象に対し、対応する 人の能力を向上させることが大いに意味を持つとい うことです。  優れた BCP(ハード)を策定する為の手法は多 く語られていると思いますのでここでは述べませ ん。今回はソフト的な部分「対応能力」を向上させ るためのポイント3点をご紹介したいと思います。  



1.経営者・現場が中心となって構築する


被災した場合に実際に判断し、行動するのは経営 者、現場担当者です。彼らが BCP 構築時に中心メ ンバーとして参加し議論することが何より重要ということです。BCP 構築時に専門家や事務局が中心 となっていくら考えても、そこには自社の真実はあ りません。何を大切にするのか?どのサービスは止めてはいけないのか?どのお客様には止めてはいけ ないのか? BCP においては事務局や専門家では判 断できないことが多々あります。実際に起きた時ど うするのか?それは有事における経営そのもので す。「意思決定する責任者、実行する現場」で動く BCP こそ求める姿なのです。  

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。