三菱化学株式会社(本社、東京都港区)鹿島事業所では、東日本大震災で茨城県鹿島市と神栖市にまたがる鹿島コンビナート全体が機能不全に陥る中、備蓄による対応と、迅速な復旧により、顧客企業への影響を最小限にとどめた。

■爆発を防ぐ
鹿島コンビナートには、20社以上の化学品メーカーが工場を連ねる。三菱化学鹿島事業所は、同コンビナートで石油化学製品の基礎原料であるエチレンを生産し中核を担う。東日本大震災では、コンビナート付近一帯で震度6弱を観測し、いくつかの工場施設が倒壊したほか、コンビナート内の配管がいたる場所で変形するなど、コンビナート全体が機能不全に陥った。同社事業所は、大きな損傷こそなかったが、地震の強い衝撃により安全装置が作動したことで、石油化学プラントが自動停止した。事業所では、すぐに事業所長を本部長とした現地対策本部を立ち上げ、作業員が24時間体制で設備点検を実施した。本社で災害対策本部のリーダーを努めた同社技術部長の植田章夫氏は、「化学工場では、機械の保安が社員の安全に直結する。機械の安全確保がどれだけ早く行えるかが勝負となる」と話す。 

最初の課題となったのは、火災や爆発を防ぐために必要な窒素の確保だ。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。