ビジネスのレジリエンス(復元力)

ビジネスのレジリエンスを開発することができますか?
私の兄は、長い歴史がある合気道という武道に取り組んでいます。
兄は、私に、先生とのやりとりを話してくれました。先生が本当に不満に思っていたのは、その稽古に参加している人が、誰も、ある防御の型が覚えられないことでした。 とうとう先生は大声で叫びました。「見て、これは単純だよ!でも簡単じゃないよ!」

ビジネスにおけるレジリエンスについても同じことが言えます。
そのコンセプトは実際、非常に単純です。
実のところ、私が思うに、それらは以下の3つの質問に集約することができます。

1.何か問題が生じる可能性がありますか?
2.事態が悪化するのを防ぐためにあなたに何ができますか?
3.事態が本当にこじれた場合、あなたはどうやって対処しますか?

これら3つの単純な質問の裏には多くの含蓄があります。答えを出すのは決して簡単ではありませんが、あなたのビジネスをレジリエントなものにしたいのなら、対峙しなければならないのです。

何か問題が生じる可能性がありますか?

リスクを識別することは、レジリエンス増強のための最初のステップです。 それは、あなたのビジネスを中断しかねない事情があることをあなたが認めることです。

・あなたがビジネスで使用している場所が使用できなくなりそうな事情がありますか?
・供給チェーンを混乱させる可能性があるものは何でしょうか?
・社員の3分の1がインフルエンザで会社を休んだら業務はどうなりますか?
・システムがサイバー攻撃を受けた場合、どうなりますか?
・主力となっているチームメンバーの 1人が心臓発作に見舞われた場合はどうなりますか?

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方