リュウグウノツカイ アカマンボウ目リュウグウノツカイ科の深海魚。非常に細長い体が特徴で、体長は最大5.5メートル。体表面は銀白色で、頭などに赤いひれがある。食用ではない。北太平洋やインド洋の水深200メートル前後に生息し、冬季は暖流の対馬海流に乗って日本海に来るとされるが、網に掛かることは非常に珍しく、詳しい生態は不明。日本では、人魚伝説や地震の前兆に結び付けられることが多い。(了)

(ニュース提供元:時事通信社)