写真shutterstock

大統領への報告

8月29日 木曜日 午後4時24分 ワシントンDC ペンシルバニア街NW ウィラード・インターコンチネンタル・ホテル

大統領が満席の聴衆にスピーチをしているとき、副官は舞台を横切って演壇までゆっくりと歩く。最高司令官は話を途中で遮られることには慣れていないので、舞台裏へ案内されると激怒する。

しかし同時に何かまずいことがあるのだと感じる。話が中断される寸前、聴衆は気をとられ緊張しているように見えた。大統領は部屋に静電気のような奇妙な空気があるのを感じた。人々が自分の話を聞こうとしないのは何かが間違っているときだ。

小さな会議室に入るや否やもう一人の補佐官が携帯電話で撮った写真のスライドショーを始める。それらは巨大な火の玉とミッドタウンの全体に放射している星が飛び散ったような爆風の画像である。大統領のいら立ちは高まる。

「一体この地獄絵は何なのだ」

大統領に別の携帯電話が手渡されるが何の応答もない。

「もしもし私だ」

「はい、申し訳ありません、大統領。それらは我々の偵察衛星がこの15分間に撮影したものです。ニューヨーク市で核爆発が起きたようです。写真から計算すると5~7キロトンの核出力と思われます」

長い沈黙が入る。

「誰なのだ」

「残念ながら何も情報がありません。ラングレーに連絡をとりましょうか?」

大統領は驚愕している。明らかに最悪の事態がその身に降りかかっているのであり、言葉を失っている。やっとのことでつぶやいた。

「それで我々は何をしているのだ。今このとき」

一瞬誰も話さない。

「オジャミ長官に連絡をとっています」

誰かが言う。国土安全保障省の長官のことである。

「ともかくあなたには安全な場所に移動していただきたい、、、」

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方