記者は直後から殺到します! イラスト:フォトライブラリー

ある大手部品メーカーの工場で正午に火災が発生しました。直後から報道各社の記者が一斉に取材に動き出し、17時に同社では謝罪文を配布、記者会見が行われたのが21時という事例があります。

一見、迅速な対応に見えますが、火災発生時に社長と広報部長が出張で機内にいたため、記者会見を開くのかどうか、といった問い合わせに即答できず、報道各社が混乱。結果として詳しい状況を何時間も報道できず、住民への情報提供が滞りました。

大規模な事故や火災の場合には、消防と警察が現場に急行しますが、記者もすぐに情報を嗅ぎ付け、ほとんど同時に現場に到着します。工場からモクモクと黒煙が上がっていれば絵になりやすいため、すぐにテレビ中継されたり記事にされてしまいます。その際、正しい情報を出さなければ、憶測だけで情報が報道されてしまうのです。

「現場ですら状況がわかっていないのに、なぜ外部に情報発信なんかできるのか」と疑問に思われるかもしれませんが、大規模な事故や火災では最初の情報提供を2時間以内に行うというのが目安になります。短すぎると思われるかもしれませんが、2時間という目標を立てることで、かえってスタッフは動きやすくなります。

最もいけないのは、何時にどこから、どのような形で情報が出てくるのかが全くわからない状況になってしまうことです。

「いつどこで何が起こったのか」「けが人はいるのか」「爆発など2次災害の危険性はあるのか」「対策(調査)本部を立ち上げた」といった簡単な状況説明でよいのです。仮に記者会見ができる状態でなければ、「記者レク」といって質問を受けないで伝えるだけの対応でも構わないですし、自社のウェブサイトに掲載するのでもいいでしょう。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方