BSI グループジャパン株式会社 マーケティング本部
米澤 寿員

-ガイダンスおよびグッドプラクティス-

英国規格協会が新たなクライシスマネジメント(危機管理)の規格「PAS200」を発行した。社会不安、従業員の死亡、産業スパイ、自然災害などの予期せぬ緊急事態に企業の経営が速やかに対処できるよう、情報収集・意思決定に必要な枠組みや、危機管理力を向上させるマネジメント手法などについて示している。BSI グループジャパンの米澤寿員氏に解説していたただいた。

1.概略

■ BCM とクライシスマネジメントの違い


日本は2011 年3 月11 日に発生した東日本大震災で、未曾有の被害を受けました。これは、地震、津波、原子力発電所の被災、停電といった複数の災害により、想定をはるかに超える大規模なクライシスが発生したからです。 また、最近のクライシスに関する事例としては、企業の損出隠しにより株価が大幅に下落し、上場廃止の危機に陥った例や、あるいは、タイにおける大洪水により、生産拠点を持つ製造業が、長期化する操業停止により大きな損害を受けている例も挙げられます。

 このガイダンスは、私たちが東日本大震災で経験したような複数のクライシス(地震/津波/原子力発電所の事故/計画停電)や、その他の想定が困難な様々なクライシスに対して、トップマネジメントがいかに現状を把握し、対応の意思決定をして、実際に対応すればいいかを示したガイダンスです。

BCM(事業継続マネジメント)は、想定リスクに対して事前に準備を行い、インシデント(事件・事故)が発生した際、あらかじめ演習を実施して確認された手順に従い対応を行うことで、主要な製品やサービス、組織の評判を守りますが、クライシスマネジメントは組織の想定をはるかに超えた規模のクライシスに対して、組織の経営層がいかに迅速・正確に情報を収集・分析、意思決定をして対処するかを確立する仕組みです。


 このガイドラインにより、組織は、 

  •  クライシスの本質の理解
  •  クライシスマネジメント能力の開発
  •  クライシスへの対応と復旧の計画及び準備の実施
  •  クライシス時のコミュニケーション
  •  クライシスマネジメント能力の評価

といった形でクライシス発生時の対応を確立させ、全体のプロセスを演習により確認し、評価する仕組みを理解、実践することが可能となります。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。