注目はBCMS規格
規格開発は WG1 ∼ WG5 に分かれて作業が進められている。その中で、民間組織を中心に特に動向が注 目されているのが WG4 が担当する事業継続マネジメントシステム規格 ISO22301 だ。

■WG1の活動


WG 1が受け持つのは、社会セキ ュリティマネジメントのフレームワ ーク文章の開発。つまり、全体の方 向性を決める役割も持つ。ちなみに、 WG 1のリーダーは日本で、議長を 名古屋工業大学大学院の渡辺研司教 授が努めている。同グループでは、 ISO22397 という官民連携のための指 針と、ISO22398 という演習・テスト 演習・テストの指針の2つの規格を開 発している。  

官民連携については、日本でも、災 害に備えて行政と民間企業が災害時応 援協定などを結んでいるが、これは契 約ではないため、必ずしも実効性を伴 うものではない。ISO22397 は、官民 連携において確実な実効性を持たせる ために配慮すべき点などを指針として まとめている。  

演習・テスト演習・テストの規格で ある ISO22398 については、 民間組織 ・ 公的組織とわず、日常的な演習・訓練 について、その具体的な方法を示して いる。例えば、目的の設定や参加者も 含めた運用の仕方、チェックのポイン ト、その他、ステークホルダーの洗い 出しなどについてまとめている。ISOが誕生するまでにはいくつかのステッ プを踏む必要があるが(図1) 、現在、ISO22398 については国際規格原案(DIS)という 段階まで来ている。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方