DO(運用)の理解がカギ

いよいよ発行が目前に迫った事業継続マネジメントシステムの国際規格ISO22301。ニュートン・コンサルティング株式会社(東京都千代田区)の内海良氏に、最終案となるISO/FIDS22301の全体像と中身について解説いただいた。

■正式発行が目前に迫ったISO22301 
かねてよりその動向が注目されていた事業継続マネジメントシステム(以降“BCMS”)の国際標準(ISO)化ですが、最終案が2月1日に英国規格協会より発表されました。この最終案はファイナルドラフト(FDIS: Final Draft International Standard)と呼ばれる位置づけのもので、ISO22301が正式発行される一歩手前の段階に当たります。2月1日からの約2カ月間の投票を経て、正式発行となります。このまま順調にいけば遅くとも数カ月後には正式発行される見込みです。 

なお、投票期間中はパブリックコメント(公の意見・情報・改善案など)を受け付けておりますが、この投票はあくまでも賛成か反対かを問うものであり、万が一技術的な修正事項が発見された場合でもISOには反映されません。次期改訂版での考慮事項として取り扱われます。すなわち、FDISは正式なISO規格とほぼ等しい内容であるということができます。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方