本誌では、メールマガジン購読者を対象に、熊本地震における企業の対応状況について緊急アンケート調査を実施し、計331件の回答を得た。その結果、「自社や支店、自社工場などが被災した」とする回答は68件(20.5%)、「取引先が被災した」とする回答が128件(38.7%)、「業務委託先(データセンターやコールセンターなど)が被災した」とする回答が15件(4.5%)あり、回答者全体の約5割が何らかの被害があったとした。これら「被害があった」とする回答者に事業への影響を聞いたところ、その約6割が、顧客への製品やサービスの提供、材料の仕入れ、製品の出荷などに「影響があった」と回答した。回答者は上場企業が37.8%に対し非上場企業が48.3%、その他12.9%で非上場企業が最も多かった。ただし、自社や取引先、業務委託先が被災したとの回答者に絞ると上場企業が55.7%と最も多くなった。業種では製造業が最も多く、次いでサービス業、卸売・小売業の順だった。

取引先の被災が多い

今回の地震で「自社や支店、自社工場などが被災した」とする回答は68 件(20.5%)、「取引先が被災した」とする回答は128件(38.7%)、「業務委託先(データセンターやコールセンターなど)が被災した」とする回答は15件(4.5%)あった。一方、「被災していない」との回答は175件(52.9%)あった。

※本誌メールマガジンには企業の危機管理担当者ら約1万7000人に登録いただいている。今回の調査では、回答者の会社名、所在地までは聞いていない。調査期間は4月28日〜5月9日。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方