再検証 クレーン船接触で首都圏が麻痺

停電対策を考える上で、再度、検証しておきたいのが 2006 年に発生した首都圏大停電と、海外では 2003 年の北米大停電だ。偶然ながらどちらも発生した日時はともに8月 14 日。一般財団法人電力中央研究所シス テム技術研究所長の栗原郁夫氏にそれぞれの事故の原因と復旧過程を聞いた。

■2006 年 首都圏大停電
2006 年 8 月 14 日の午前7時 38 分頃、旧江戸川 を航行中のクレーン船が、新京葉変電所から江東変 電所までを結ぶ架空送電線に、アームを接触させて 切断(図1) 。これにより東京都心部で 97.4 万軒、 神奈川県横浜市北部・川崎市西部で 22 万軒、千葉 県浦安市、市川市の一部で 19.7 万軒、合計約 139 万 1000 軒で停電が発生した(図2) 。東京電力管内では、昨年の東日本大震災、1987 年の7月の電圧 低下による大停電に続く3番目の規模の停電となった。停電は約1時間でほとんどが復旧し、完全に復 旧を終えたのは4時間 40 分ほど経った 12 時 20 分 のことだった(図3) 。  

なぜ1本の送電線の切断が、これほど広域な停電を引き起こしたのか。そしてなぜ、同じ地域内でも 停電したところと、しないところに差が出たのか。

一般財団法人電力中央研究所システム技術研究所 の栗原郁夫所長によると、事故が起きた架空送電線 は、首都圏への電力供給の重要なルートの1つ。  

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。