大槌町安渡地区は岩手県沿岸部南寄りに位置している。2011 年3 月11日の東日本大震災では、防潮堤を津波が乗り越えて町を破壊。当時の安渡地区人口の11%、218 人が犠牲となった。当時の安渡地区には約600 世帯2000 人近く居住していたが、現在は145世帯まで減少している。

3.11 の記録を次世代に継承するため、安渡町内会防災づくり検討会を組織し、今回の震災の問題点を検証し、従来の防災対策を大幅に見直した。

2011年度から検証のためのヒアリングを始め、2012 年6月から検討会を開催した。アンケート調査も行い、11 回にわたる検討会を経て、2013年10月に安渡地区津波防災計画を策定した。その後、防災活動の制度改革に向けた安渡町内会と大槌町の懇談会、合同防災訓練・検証会議などを積極的に開催している。これらの活動には学識経験者の先生方の御協力をいただいている。

当地区では、避難行動に関する検証を行ったが、その結果、生存者は早い時間帯に半分以上の住民が避難を開始していたが、避難場所への到着は、津波の襲来の直前になっていた。家族の安否確認や要援護者誘導、津波の見学などが原因である。このように、生存者でも想定の甘さなどから正しい避難行動をしていなかった可能性がある。

写真を拡大  (出典)吉川忠寛「安渡(2):津波被災地域における防災計画づくりの教訓」(浦野正樹他著『津波被災地の500日』早稲田大学ブックレット、早稲田大学出版部、2013年4月25日
ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方