津市香良洲(からす)地区は、津市沿岸部の最南端に位置する。2つの川と海(伊勢湾)に囲まれた三角州で、3つの橋が架けられている。これらの橋が地震により万が一落ちてしまうと、香良洲地区は孤立する恐れがある。香良洲地区には学校、庁舎などの公共施設、北東部の遊休地だった市有地に香良洲高台防災公園(仮称)を整備している。公園は平成33年度に完成予定で、約2万人が避難でき、2000台の車両の収容力を有し、防災拠点になることが期待される。

計画作成のプロセスは、2014年12月16日、学識者のアドバイスを踏まえ、地元の代表的なメンバーで意見交換をし、1月からは香良洲町内9地区の正副自治会長、幼稚園、保育園、小中学校の教頭、校長、消防団の方々と4回の懇談会を実施し、地区防災計画の素案を作成した。3月1日には香良洲地区の防災意識を高めるための講演会を開催するとともに、地区防災計画作成に向けた取組状況について報告した。

 
ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方