オリンピック対策は 2000 年問題に似ている
期間中は夏休みをとらせる

投資銀行の BLME (Bank of London and the Middle East) 情報セキュ リティ責任者の William Purdy 氏は、オリンピック対策の現状について、 コンピューターの 2000 年問題と似ていると表現する。同社の懸念するリ スクと、対策について聞いた。

Purdy 氏は、 「2000 年問題の時は、 たくさん準備をしてみたが何も起こら なかった。今回も、本当に何が起こる かはわからないが、準備はしなくては いけない」と語る。  

ただし、問題としては人的な面と、 交通に集約されるとする。 「ロンドンの ような小さな町に、世界中から人が集 まってくるのに、交通は地下鉄を見て わかるように脆弱すぎる」 (同) 。  

同社では、交通手段が使えず従業員 が仮に出社できなくても在宅から仕事 ができるように専用のセキュア VPN に よるリモート環境を整えている。回線 速度が遅くなる可能性もあるので、重 いファイルは事前に自宅の PC などに メールしておくよう指示をしていると いう。これはオリンピック対策に限っ たことではなく、日常から行っている ことだとする。  

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方