ヒル・アンド・アソシエイツ・ジャパン株式会社代表取締役社長 石井弘之氏

タイやイランの活動に垣間見る
日本企業の“想定無い”リスクマネジメント(上)

日本企業の海外進出が加速する一方で、タイの大洪水や、北朝鮮の人工衛星打ち上げと称するミサイル発射実験、さらには中東における紛争など、海外での自然災害や人災などのリスクがクローズアップされる機会が増えてきた。日本企業の海外におけるリスクマネジメントは十分なのか、今後いかに備えればいいのか。世界的なリスクコンサルティングサービスを展開するヒル・アンド・アソシエイツ日本法人のヒル・アンド・アソシエイツ・ジャパン株式会社代表取締役社長の石井弘之氏に解説いただいた。

■はじめに
我が国政府の危機管理不在が叫ばれて久しい。東日本大震災と福島第一原発事故への対応はもとより、今後来るべき次の大地震やこれらに対する原子力発電の耐久性と脆弱性の再評価、さらには原子力発電所の再稼働問題等、その取り組みが全てにおいて場当たり的な付け刃としてしか映らないというのが多くの国民の偽らざる実感であろう。つい最近の出来事である北朝鮮による長距離弾道ミサイル発射への政府の対応にしても、その体たらくは目を覆うばかりであった。 

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。