ヒル・アンド・アソシエイツ・ジャパン株式会社代表取締役社長 石井弘之氏

タイやイランの活動に垣間見る
日本企業の“想定無い”リスクマネジメント(上)

日本企業の海外進出が加速する一方で、タイの大洪水や、北朝鮮の人工衛星打ち上げと称するミサイル発射実験、さらには中東における紛争など、海外での自然災害や人災などのリスクがクローズアップされる機会が増えてきた。日本企業の海外におけるリスクマネジメントは十分なのか、今後いかに備えればいいのか。世界的なリスクコンサルティングサービスを展開するヒル・アンド・アソシエイツ日本法人のヒル・アンド・アソシエイツ・ジャパン株式会社代表取締役社長の石井弘之氏に解説いただいた。

■はじめに
我が国政府の危機管理不在が叫ばれて久しい。東日本大震災と福島第一原発事故への対応はもとより、今後来るべき次の大地震やこれらに対する原子力発電の耐久性と脆弱性の再評価、さらには原子力発電所の再稼働問題等、その取り組みが全てにおいて場当たり的な付け刃としてしか映らないというのが多くの国民の偽らざる実感であろう。つい最近の出来事である北朝鮮による長距離弾道ミサイル発射への政府の対応にしても、その体たらくは目を覆うばかりであった。 

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方