電磁気や電離層で研究進む

「あと数日∼数週間で、〇〇地区で大規模な地震が起きる」 。もし地震が直前に予測できれば、被害は大幅に軽減することができるはずだ。東日本大震災では何人かの専門家が巨大地震の前兆現象をつかんだ。その科学的な分析による地震の直前予測の研究が進められている。

日本では、地震の直前予知が可能とされるのは、現在のところ駿河湾付近からその沖合いを震源とする マグニチュード8クラスのいわゆる「東海地震」だけだ。それ以外の地震については直前に予知できる ほど現在の科学技術が進んでいないとされている。  

前兆現象として最も有望視されているのは、前兆すべりと言われるもので、 震源域(東海地震の場合、 プレート境界の強く固着している領域)の一部が地震の発生前に剥がれ、ゆっくりと滑り動き始めるとされる現象。気象庁は、 東海地域に設置した歪計 (ひずみけい) で前兆すべりをとらえようとしているが、 本当に捉えられるかは不明だという専門家もいる。  

ちなみに、観測された現象が前兆現象である可能性が高まった場合には、東海地震注意情報が発表され、ほぼ同時に、政府から防災に関する呼び掛けが行われる。さらに東海地震の発生のおそれがあると判断された場合には東海地震予知情報が発表され、 気象庁長官の報告を受け、 内閣総理大臣の判断の下、 警戒宣言が発布され、本格的な防災体制が敷かれることになる。

■東日本大震災で検知された特殊波計


一方、東海地震に限らず、地震の発生前にはほとんどの場合、地殻の破壊前にマイクロクラックと呼ばれる細かな破壊が発生し、それを捉えることができれば地震の直前予測が可能になるとして、研究を進めている専門家がいる。かつて緊急地震速報の技 術開発に携っていた藤縄幸雄氏(現ジェネシス株式会社チーフリサーチャー)は、地中の特殊なアンテナによる電界変動の観測をもとに、マイクロクラッ クによる電界変動を調査し、地震発生前に特徴的な波形を持ったパルス状の変動が発生していることをつきとめた。  

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。