被災地の百貨店対応

平時から多くの買物客で賑わう百貨店では、災害時、従業員の安全に加え、顧客の安全を確保することが責務となる。東日本大震災で被災を経験した仙台市に本社・本店を置く百貨店「藤崎」(仙台市青葉区)に、震災での緊急対応と今後のBCP対策の取り組みについて取材した。

■現場力で速やかに対応
藤崎は、今年で創業193年を迎えた仙台市発祥の東北を代表する老舗百貨店。青葉区にある本店は、本館、大町館、一番町館、ファーストタワー館という4つの建物で構成され、売り場面積は東北地方で2番目の広さの3万2000平米に及ぶ(図1)。本館は、昭和7年に建設され、その後増築を繰り返し、大きく4つの建物をつなぎ合わせた複雑な構造になっている(図2)。このほか、気仙沼市や石巻市、県外など十数カ所にも小規模店舗を持つ。

2011年3月11日の東日本大震災の発生時、仙台市青葉区は、震度6強の揺れに見舞われた。震災当日、本館では、特別セール期間であったため、買物客だけで約3500人、従業員も約1000人がいた。各フロアで多くの陳列品が落下する被害が見られたが、従業員が買物客に陳列棚から離れるように呼びかけるなど適切に指示したことで負傷者を1人も出すことなく、速やかに屋外に避難誘導した。 「日頃の防火・防災訓練が生きた。震災発生と同時に、安全な行動を促す館内放送が流れ、各フロアの従業員が一丸となってお客様を避難場所へと誘導した」と同社CSR室部長の庄子直氏は話す。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。