『サマリタン』が選ばれる理由とは?
大手企業の導入事例も紹介!

企業の危機管理担当者の方から参加要望を多くいただいたことから、本セミナーの参加を一般の方にも拡大して、参加者の追加募集を行います。ご興味のある方は是非ご参加ください。

主催:フィジオコントロールジャパン株式会社
2017年5月12日金曜日、フィジオコントロールジャパン麹町本社で開催

・オフィスでの心停止患者に対するリスク対策の事例(日本ロレアル)
・AEDをもっと身近なものにするために(フィジオコントロールジャパン)

医療用機械器具の販売やサービスを提供するフィジオコントロールジャパン株式会社(本社:東京都千代田区)では、同社が販売する世界最小・次世代AED『サマリタン』の製品紹介セミナーを開催いたします。

セミナーでは、オフィスビルにおける各フロアでの分散配備の重要性などを解説しながら「AED」の設置需要を紹介すると共に、社員の突然の心停止に対する具体的な企業(※)の取り組み事例も紹介します。

 

フィジオコントロールジャパンが販売するAED「サマリタン」は、病院外で突然の心停止を起こした傷病者に対し、一般市民でも使用できるように工夫された次世代AED。縦20cm×幅18cm×高さ5cm、重量は約1kgとコンパクトなので持ち運びや制約の多い場所にも容易に設置できるのが特徴です。また装置本体は8年間のメーカー保証。既に多くの企業での導入実績があります。

※企業の危機管理担当者の方から参加要望を多くいただいたことから、本セミナーの参加を一般の方にも拡大して、参加者の追加募集を行います。ご興味のある方は是非ご参加ください。

●次世代AED「サマリタン」
 http://www.physio-control.jp/lp/samaritan/
●参考記事
 
http://www.risktaisaku.com/articles/-/2081

■開催日:2017年5月12日(金)
■時間:15:00~17:30(受付開始:14:30~)
■会場:フィジオコントロールジャパン株式会社(麹町本社)会議室
■住所:〒102-0083東京都千代田区麹町5丁目3-3 麹町KSスクエア6F
■アクセス:JR「四ツ谷駅」 麹町口 徒歩5分
      東京メトロ南北線「四ツ谷駅」1番出口 徒歩5分
      東京メトロ丸の内線「四ツ谷駅」3番出口 徒歩5分
      東京メトロ有楽町線「麹町駅」2番出口 徒歩5分
■地図:http://www.physio-control.jp/company/
■主催:フィジオコントロールジャパン株式会社
■参加費:無料(事前登録制)
■定員:30名

<第一部> 60分
オフィスでの心停止患者に対するリスク対策
~AEDが1台あれば万全と思い込んでいませんか?~

講師:日本ロレアル株式会社 環境衛生安全管理(EHS)部
   マネジャー マーク・ウォレス氏(講演:日本語)

アメリカで救急医療に携わり、日本でいう救急救命士として働いた経験を生かして、日本ロレアル株式会社のEHS部門で、社員の職場での健康・安全、そして事業継続のためのBCPに至るまでを統括しているマーク・ウォレス氏に登壇いただきます。
これまでのAED配備計画、実行、その後のフォローアップに至るまで、企業内AEDプログラムについてご紹介いただきます。

<第一部>  60分
BCP関連商材としてのAEDビジネス機会
~AEDをもっと身近なものにするために~

講師:フィジオコントロールジャパン株式会社
   営業部 シニアAEDセールスマネジャー 佐藤秀俊

AEDという言葉は聞きなれたものになりつつありますが、実際に一般市民での活用が思うように進んでいない事が課題として挙げられています。よく耳にするのは、ビル会社が1階に1台配備してあるが、高層階の自社には置いていない事例です。これは、AEDによる電気ショックの効果が高い3分以内には全く届きません。まだまだオフィスの各フロアに1台配備しておく必要性、需要は今後高まって行きます。これまでの販売実績、経験を生かしてAEDビジネスの今後についてご紹介します。

<質疑応答> 30分


【主催:セミナーに関する問い合わせ先】
フィジオコントロールジャパン株式会社
販売パートナー募集セミナー開催事務局
担当:藤本祐介
TEL:03-6367-0880
メールアドレス:yusuke.fujimoto@stryker.com