「BCP訓練を成功させる何か良いアイデアないですか?」お客様から時々聞かれる言葉です。 

訓練を行うには、大前提として、その訓練によって、BCPの何を改善・向上させたいのか、訓練の目的と目標を明確にすることが求められます。しかし、目的、目標を定めることは大変難しいことですし、さらにはその目的を実現するためのシナリオを作成したり、準備もしなくてはいけません。見落としがちなのが評価とフィードバック。せっかく時間をかけて訓練を行うわけですから、訓練によって明確になった課題や問題点を、計画やマニュアルの改善に役立て、反映させることが重要です。 

ここまでを要約しますと、①BCPの現状を把握し、訓練を行う際の課題や、参加者の要望を聞くなど「情報の収集」を行う。②その上で、訓練を行う「目的・目標・範囲」を決める。③目的・目標を達成できるシナリオや、訓練中に参加者に付与する情報を作成する。④訓練の実施に必要な環境を整えるなど「準備」をする。⑤BCPの訓練を実施する。⑥訓練をやりっぱなしではなく、客観点な評価や、参加者を交えた反省会などを行い「評価とフィードバック」を実施する、ということになります。

【BCP訓練のプロセス】
①情報収集
②目的・目標・範囲の決定
③当日のシナリオと付与情報の作成
④実施の準備
⑤実施
⑥評価とフィードバック 

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。