三菱倉庫業務継続性を追求した最新ビル

三菱グループの創始者岩崎弥太郎が明治9年に倉庫業を始めた日本橋に、三菱倉庫の本社兼テナントビル「日本橋ダイヤビルディング」の建設が進行中だ。企業が災害を生き抜けるオフィスを提供する”が基本コンセプト。震災対策、停電対策、浸水対策、断水対策に加えて、防災備蓄スペースも兼ね備えた先進的な防災オフィスビルを紹介する。

耐震性高いビル転居の新ニーズ 
東日本大震災が起きて以降、都内の企業がより耐震性の高いビルへ本社を移す動きが目立つ。中には、関西や福岡といった西日本にまで本社機能を移す会社もある。森ビルが昨年秋に実施した、本社が都内にある1万社を対象にしたオフィスニーズ調査によると、オフィスの賃借を今後予定するのは478社に上った。オフィスビル選びでは、かつては“耐震性の高さ”は最重要ニーズではなかったが、震災直後の調査では初めて3位にランクインした。 

日本橋ダイヤビルディングの建設地は、三菱倉庫の本社屋があった場所でもある。もともと昭和5年に建てられた鉄筋コンクリート造の本社屋(江戸橋倉庫ビル)自然石と曲線は、美を基調とし西洋的な趣が溢れる外観とその文化遺産的な観点から、平成19年に東京都から歴史的建造物に選ばれた。歴史的建造物に選ばれたことで、その外観保存とトランクルーム用途の継承により容積率の緩和を受けている。

 

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。