宮城県山元町 山元民話の会 庄司アイさん
震災の記憶を民話で伝える

 

宮城県山元町には、民話の力に惚れ込み、地域の文化や歴史を次代に引き継ぐ活動を続ける「山元民話の会」がある。代表は、同町に嫁いで半世紀以上になる元保母の庄司アイさん(78歳)。「心を動かす教育こそが本物の教育」と語る庄司さんは、津波被害の歴史を後世に残そうと、住民有志と「巨大津波」を共同で著した。柳田

男が確立した民俗学と同様の力を持つ民話を通じて、津波災害のリアルなエピソードをご体験ください。(編集部)

民話は残った 庄司アイ

犬って臆病なんですね。生後4カ月のニッキ(柴犬・オス)が、おりをやぶって飛び出し、キャン、キャンって鳴いて私のいた居間を、足ぃすべらせ、すべらせ走り狂ってました。まんぜろく、まんぜろくって、大声で呪文を唱えたのにも、効き目なく大きくて長い地震でした。

私は「こんなに大きな地震だもの、津波くるッテ」って、夫に声をかけても、動転してしまった夫からは返事もない。

そんで「テレビを消せ」って、大きな声を出す。私は「情報がわからないでしょう」って、ラジオを居間に持ってきてボリュームをあげた。

孫娘のかな恵(中2)は、友達の荒さん宅に行ってて不在。その時、私の心は孫を待つことでいっぱいだった。荒さんは、必ず車で送ってくれる方でしたし、迎えに行ったら行き違いになることも頭をよぎったから。

食器棚なんかはロックが掛かってくれたが、コップなんかは崩れていたし、棚や箪笥の上の物が落ちて足の踏み場もないほど。玄関と座敷のお雛様も倒れてしまってた。

私が退職してから、製作をつづけた木目込みの人形たちなんで、夫もすぐに手をかしてくれたが、「こんな、飾り物なんていらない。まんぜろくなんて、全く効き目なかった」って、興奮がひどい。

北海道の孫から電話がかかってきたのには2人で対応したが、東京の孫からのには、ハイハイ、モシモシで、不通となってしまった。

間もなく荒さんが、2人の娘さんとかな恵を車にのせて来てくれました。外に迎えに出て、女5人抱きあって泣きました。娘3人は、体の震えも心臓のたかなりも止まりません。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。