気候変動、廃棄物、生物多様性、健康な暮らしなどに配慮

インタビュー▶ BSI Groupサステナビリティ規格パブリッシングマネージャー


アマンダ・カイリー氏

2012年に開催されたロンドンオリンピックには204の国と地域から選手、スタッフ、ボランティア合わせて約20万人が参加した。「持続可能なイベント」をビジョンに掲げ、「気候変動」「廃棄物」「生物多様性」「社会的一体性」「健康的な暮らし」を取り組むべき5大テーマとして設定した。両大会を運営したロンドンオリンピック・パラリンピック組織委員会(The London Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games=LOCOG)は、持続可能なイベントのためのマネジメント国際規格であるISO20121を2012年6月に取得し、大会運営に臨んだ。2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックは、ロンドンから何を学ぶべきか。LOCOGのサステナビリティ・プロジェクトマネージャーを務めたアマンダ・カイリー氏(現BSIGroupサステナビリティ規格パブリッシングマネージャー)に、ロンドンオリンピック・パラリンピックにおけるISO20121と持続可能な取り組みについて聞いた。

ISO20121:イベント運営における環境影響の管理に加えて、その経済的、社会的影響についても管理することで、イベント産業の持続可能性(サステナビリティ)をサポートするためのマネジメトシステム。オリンピックのような国際イベンントから地方のお祭りまで、あらゆるタイプのイベントに適用が可能で、イベントに関わるすべてのステークホルダー(利害関係者)によって活用される。イベントの主催者はもちろんのこと、イベント会場(ホテル、会議場、競技場など)、イベントに関わる施工業者、サプライヤーにとってもこの規格を活用するメッリトがある。英国においてロンドンオリンピックを見据え、BSI(英国規格協会)が開発に関わったBS8901に基づき策定された。

Q01. LOCOGがISO20121をどのように活用したのか教えてください。
LOCOGは、持続可能な取り組みを必要不可欠なアプローチとして、資材やサービス、労働力の調達に至るまで、環境や社会的な影響、経済的な評価などを徹底して行いました。持続可能性とは、単に環境への配慮だけを指す言葉ではありません。経済的な成功を求めつつ、社会的な責任を果たしながら、継続的に取り組めることが重要なポイントになります。 

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。