海外危機管理対応は平時の体制作りから

デロイトトーマツ企業リスク研究所 主席研究員 茂木寿氏

下記をご覧いただきたい。今年1月7日に有限責任監査法人トーマツのリスクマネジメントに関する調査・研究組織であるデロイトトーマツ企業リスク研究所が発表した、「2015年グローバルリスク予測」だ。1月下旬には過激派組織「イスラム国」による日本人ジャーナリスト殺害事件が発生するなど、その予測すべてが今年、実際に世界で発生していると考えていい。同研究所主席研究員の茂木寿氏は、「来年もこのリスク傾向は変わらないだろう」と警鐘を鳴らす。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。