「2015年11月18日開催セミナー」

力量あるBCP責任者と社内の盛り上がりが不可欠

アニコムホールディングス株式会社監査役
長岡技術大学非常勤講師 岡部紳一氏

BCPを策定したものの、なかなか定着しないと不安を抱えている組織は多いのではなかろうか?BCMS(事業継続マネジメントシステム)の国際規格ISO22301の開発に携わった岡部紳一氏が国内の中小企業を対象にアンケート調査した結果によると、BCPの策定には、社長の指示による影響が最も強く関係しているものの、BCPが組織に定着するためには、社長指示だけでなく、力量のあるBCP責任者がいることと、社内の盛り上がりが不可欠なことが明らかになったという。さらに、社内の盛り上がりにつながるBCP環境や企業風土の必要な要素も浮かび上がった。一方で、BCPが定着した企業には、災害時だけではなく、平時における様々なメリットが生まれているという。

BCPを策定したものの、定着まではしてないという悩みをしばしば耳にする。定着したかどうかを定量的な方法で客観的に評価することは難しい。定着しているというからには、各自がBCPで計画したことを確実にやれる実践力がつき、自信をもって「しっかり取り組んでいる」と言えるレベルになっていることが求められる。

では、有効なBCPを導入・定着させるために必要な要素は何か。また、それを阻害する要因は何なのか。これらを明らかにするため、BCPを策定した企業を対象にアンケート調査を行った。調査は、中小企業を対象にしたものだったが、大企業でも共通している点は多いように思える。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。