2017年度は味の素スタジアムのある調布市が対象になった

東京都は5日、「東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業」として、2020年東京オリンピック・パラリンピック会場周辺で、かつ観光客が多く集まる地域での暑さ対策設備導入の全額補助を行うと発表した。20日まで区市の公募を行う。今年度予算枠は1区市あたり5000万円で2区市を選定。熱中症予防を強化する。

オリンピック開催期間は2020年7月24日~8月9日までで、熱中症対策が急務となっている。都では2017年度から同事業を開始し、2019年度までに6区市程度を選定する予定となっている。2017年度は東京国際フォーラムのある中央区と味の素スタジアム(大会期間中の名称は東京スタジアム)と武蔵野の森総合スポーツプラザのある調布市がまず選ばれた。中央区の数寄屋橋公園などや調布市の会場周辺で微細ミストなど設備を置いたり、道路の遮熱性舗装を行ったりといった対策に補助を行った。

今年度も同様の事業を実施する。まず区市の募集を20日まで実施。対象区市の決定後に、補助対象となる暑さ対策を行う事業者などを5月下旬まで募集する予定。区市そのものが暑さ対策を実施する場合も補助対象となる。

■ニュースリリースはこちら
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/04/05/05.html

(了)

リスク対策.com:斯波 祐介