「ITx災害会議」2015開催 ITx災害

日ごろはITのプロフェッショナルとして活躍する人たちが、減災や復興のために組織や立場を超えて集まり、知恵や情報を共有し、これからを考える場として2013年に開催された「ITx災害会議」。その第3回となる会議が、2015年11月25日に情報システム研究機構・統計数理研究所(東京都立川市)で開催された。昨年のテーマは「つながりxひろげる」。約120人の有志が参加し、ITと災害対応の可能性を探った。「ITx災害会議2015」のホームページは http://2015.itxsaigai.org/

会議は、午前中は全員参加のセミナー形式で実施された。今回の会議を共催した統計数理研究所のモデリング研究系潜在構造モデリンググループ教授の丸山宏氏から、東日本大震災を機に同研究所でスタートした「システムズ・レジリエンス」について説明があった後、これまでの「ITx災害会議」の取り組みと、そこから発生した活動として災害急性期をITで支援する「情報支援レスキュー隊(IT DART)」(http://itdart.org/)について代表理事である及川卓也氏が発表した。「情報支援レスキュー隊は、第1回の会議の時に議論したところから始まった。東日本大震災の時、特に災害急性期に被災地に対して私たちは無力だった。被災地からの正しい情報を共有することで、ボランティアやNPOの支援に結びつけることはできないかと考えた」(及川氏)。日本DMAT(災害派遣医療チーム)の活動からヒントを得たというこの取り組みは、災害の急性期における被災現場での情報収集、活用、発信を目指し始まったもので、昨年8月には一般社団法人としてスタートを切った。現在、ホームページでは会員・隊員を募集している。

IT×災害のこれまでの取り組み

続いて、同じく第1回会議から派生した「減災インフォ」、「減災ソフトウェア開発に関わる1日会議」の取り組みについて、それぞれの代表である小和田香氏、江渡浩一郎氏が発表した。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方