「ITx災害会議」2015開催 ITx災害

日ごろはITのプロフェッショナルとして活躍する人たちが、減災や復興のために組織や立場を超えて集まり、知恵や情報を共有し、これからを考える場として2013年に開催された「ITx災害会議」。その第3回となる会議が、2015年11月25日に情報システム研究機構・統計数理研究所(東京都立川市)で開催された。昨年のテーマは「つながりxひろげる」。約120人の有志が参加し、ITと災害対応の可能性を探った。「ITx災害会議2015」のホームページは http://2015.itxsaigai.org/

会議は、午前中は全員参加のセミナー形式で実施された。今回の会議を共催した統計数理研究所のモデリング研究系潜在構造モデリンググループ教授の丸山宏氏から、東日本大震災を機に同研究所でスタートした「システムズ・レジリエンス」について説明があった後、これまでの「ITx災害会議」の取り組みと、そこから発生した活動として災害急性期をITで支援する「情報支援レスキュー隊(IT DART)」(http://itdart.org/)について代表理事である及川卓也氏が発表した。「情報支援レスキュー隊は、第1回の会議の時に議論したところから始まった。東日本大震災の時、特に災害急性期に被災地に対して私たちは無力だった。被災地からの正しい情報を共有することで、ボランティアやNPOの支援に結びつけることはできないかと考えた」(及川氏)。日本DMAT(災害派遣医療チーム)の活動からヒントを得たというこの取り組みは、災害の急性期における被災現場での情報収集、活用、発信を目指し始まったもので、昨年8月には一般社団法人としてスタートを切った。現在、ホームページでは会員・隊員を募集している。

IT×災害のこれまでの取り組み

続いて、同じく第1回会議から派生した「減災インフォ」、「減災ソフトウェア開発に関わる1日会議」の取り組みについて、それぞれの代表である小和田香氏、江渡浩一郎氏が発表した。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。