企業の危機管理担当者向けアカデミーを開校
ニュートン・コンサルティング株式会社

BCPやリスクマネジメントのコンサルティング業務を展開するニュートン・コンサルティング株式会社(東京都千代田区、副島一也社長)はこのほど、経営を推進する力としてのリスクマネジメントを教える「ニュートン・アカデミー」を開校した。①リスクマネジメント、②ITガバナンス、③危機管理/BCP、④ISOの大きく4つをテーマに、経営層から管理者、実務担当者、そして一般従業員と幅広い層をターゲットに、レベルに応じた授業を展開していく。

昨年11月24日には、同社が入る千代田区麹町の相互半蔵門ビルディング内のセミナールームで開校記念講座を開き、基調講演として日産自動車グローバル内部監査室の菅原正氏と、京都大学防災研究所巨大災害研究センター教授の牧紀男氏が演台に立った。菅原氏は、90年代後半の経営が厳しかった時代を乗り越えて今日に至った日産のリスクマネジメントの取り組みについて語り、時代や組織内外の環境の変化に応じたリスクマネジメントの展開が必要とした。その上で、「リスクマネジメントはアクセルに対してブレーキというようにネガティブなイメージで受け止められることがあるが、そうではない。追い越し車線を全速力で追いかけていくとき安全装置のようなものだ」と語った。さらに「様々なリスクに対してきちんと対応できている状況にしていくためにはPDCAサイクルを回していける経営を含めた仕組みが必要」と強調した。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。