タイ洪水、天津爆発事故で迅速な対応

豊田通商株式会社

豊田通商では、2011年の東日本大震災、そして同年にタイを襲った大洪水と、立て続けにサプライチェーンが深刻な影響を受けたことなどから、海外拠点を含め、グループ全体でBCPを推進していくことを決定し、すでに国内59事業、海外106事業でBCPを構築し、発展的に運用を続けている。その成果は、2013 年に再びタイを襲った洪水や、昨年、天津で起きた危険物倉庫の爆発事故などで現れ、迅速な対応を実現した。同社総務部減災・BCM推進室長の山下昌宏氏に海外拠点におけるBCPの展開について聞いた。

豊田通商は、海外90カ国・150以上の都市にネットワークを持つ。

2011年6月に取締役社長に就任した加留部淳氏は、東日本大震災やタイ大洪水の教訓から、従業員の安全確保とともに、安定供給の責任を果たすためグループ会社を含めたBCPの構築と強化を指示した。

それを受け、BCP 推進室が発足したのが2012年4月。加留部社長から与えられたミッションは「2年間で全世界の豊通グループのBCPを構築せよ」というものだった。IT、総務、人事、営業など社内からいろいろな立場の人を集め計6人体制でBCPの本格的活動が始まった。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。