21日の訓練の様子。都庁に自衛隊員も参集した

東京都と自衛隊は19~22日にかけて、首都直下地震を想定した防災訓練を実施した。20日に予定されていた野外救護所の開設やヘリコプターも活用した医療搬送といった屋外訓練は雨で中止。新宿区の都庁で主に図上訓練が行われた。自衛隊統合防災演習と合わせた都の訓練は3年ぶり。

1月19日の午前10時25分に震度7の地震が発生。環状7号線沿いを中心に火災が多数発生しているという想定で訓練が行われた。都は災害対策本部を設置。都庁第一本庁舎の指令情報室に総務局総合防災部を中心に都職員や自衛隊、警視庁、東京消防庁といった関係者が参集。区市町村からの被害情報の確認や国や他県市との調整などを見すえた訓練を行った。

21日は発災後55時間を想定。物資調達担当者など関係者が増え、都内の避難所や駅の帰宅困難者の情報も得たうえでの対応訓練を行った。20日は都や自衛隊のほか、災害拠点病院の都立墨東病院や自衛隊中央病院も参加し、屋外で訓練の予定だったが中止となっている。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方