ITガードの前田社長(右から2人目)は、保険による安心感でAppGuard販売拡大を図る

ITガードは25日、同社が販売する米国発の端末向けサイバーセキュリティシステムである「AppGuard(アップガード)」に補償を付けた「サイバー保険付きAppGuard」の販売を開始すると発表した。AppGuard1ライセンスあたり、損害賠償や事故対応費用を年間最大で5億円補償する。エンドポイントと呼ばれる端末向けの補償付きセキュリティ商品は国内初という。

AppGuardは未知の攻撃に対して対応が遅れてしまう検知型と違い、マルウェアに侵されたなどの場合に、不正な動きがみられるといったリスクのあるアプリケーションを隔離する方式をとっている。1度インストールするとアップデートも不要なのも特長。2016年に国内で本格的に販売を開始した。ITガードの前田悟社長は25日、「営業をしてみて、『そこまで安全性に自信があるなら補償をつけてほしい』といわれることが多かった」と今回の商品発売について説明。安全性の自信を保険で担保し、販売促進につなげる。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方