瑛得管理諮詢(上海)有限公司 総経理    海司昌弘氏

1.2010年11月15日上海で高層マンション火災発生
去る2010年11月15日の14時頃、上海の28階建て高層マンションで、58名が亡くなり71名が負傷するという大規模火災が発生しました。火災発生の原因は、マンション改修工事にあたり、無資格の溶接工が不適切な溶接を行った結果、飛び散った火花が竹製の足場などの可燃物に引火したことと言われています。ただ、これ以外にも、短時間に火災がこれほどまで拡大し、建物全体が全焼するに至った要因はたくさんあると思われます。そこで今号では、現地での視察内容も交え、火災発生や火災が拡大した要因、今後の対策について概説します。

2.火災発生面からの検討、どうして火災は発生したか?
今回の火災発生は、当該マンションの外壁改修工事中に発生しています。まず、この工事中の防火対策に複数の問題点が見られたと言われています。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方