風に乗って大空を舞う鷹

暑くなったり、寒くなったり、台風が来たり。寒暖の差が激しいですね。みなさま、体調崩されていませんか?
 
店頭で秋冬のお洋服が販売されているこの時期です。今日は、アウトドアのウェアリングについてお話します。

普段から暑い人、寒い人は冷暖房が使えなくなる災害時にはいつもより暑く、そして寒くなります。毎日の暑さにも寒さにも対応するアウトドアの服の着こなし術を、一生の知恵として知っておいていただければと思います。それが災害時に身を守る知恵となります。

まずは防寒の知恵から。「防寒ができても、暑さ対策はできないのでは?」と心配される方が多いですが、暑さ対策は、寒さ対策の逆をすればよいのです。防寒がわかれば暑さ対策もわかります。着る商品を覚えるのではなく、知恵を知ると真逆にも応用できます。

アウトドアでは、3レイヤーが基本型です。

3レイヤーとは、3種類の重ね着のことで、「インナー、中間着、アウター」をさします。

新素材の開発で、2レイヤーも多くでてきているのですが、専門用語がよりマニアックになり、初めての方にはハードルが高いように思えます。そこで、まずは基本形となる3レイヤーの考え方をマスターしてください。

一般的なファッション雑誌は、中間着とアウターの分類は機能ごとではなく、「インナー・はおりもの」という用語で記載されることが多いです。そのため、機能による分類は明確ではありません。羽織という古風なネーミングに由来するだけあって、見た目だけを基準にしているようにも思えます。

アウトドアのウェアリングでは、機能にあわせて3レイヤーに分かれています。ただその用語もわかりにくいように思えたので、アウトドアに全く興味がない方にもイメージしやすいよう以下のように整理しました。
 
それは、水と風と空気をコントロールするという機能です。どういうことでしょうか?3レイヤーのうち、

インナー は、水をコントロールします。
中間着  は、空気をコントロールします。
アウター は、水と風をコントロールします。


このアウターの、水をコントロールする部分については、本コラムで書きました。

『災害時も役立つレインウェアを普段使いに 「寝るな、寝ると死ぬぞ!」は間違い?』(2016年6月9日)
http://www.risktaisaku.com/articles/-/1839

再度、インナーの記事で水については詳しく書きますが、ざくっと言うとこんな話です。

雪山遭難で「寝ると死ぬ」と一般には信じられていますが、寝るから死ぬのではなく、低体温症の帰結として、意識がなくなり、亡くなっています。そして、低体温症の主な原因になるものが、服が濡れたことによる、気化熱による体温の低下です。ですので、アウトドアウェアは水をコントロールすることが命を守る事に直結しています。

今回は、アウターのもうひとつの重要な要素、風をコントロールする機能について知ってください。

風の強い日に、フリースを上着として着ても暖かくならない?

風速1m/sで体感温度は1度下がります。

(「風速」とは、風の吹く速さ。1秒間に空気が移動する距離。ふつう地上10メートルにおけるその時刻の前10分間の平均値で示す。「デジタル大辞林」より)

冬ほど気温が低くないこの季節、風の吹いた日には風を防げば体感温度は下がりません。ですが、水や空気に比べ防風の理解は乏しいのかな?と思う事例は街中で頻繁に見ます。例えば、次のような光景を見た事はないですが?

「風のある日に、ベビーカーにフリースをかけている。あるいはフリースを上着として着ている」。

「風があって、寒いと感じるが気温は低くない日に、ダッフルコートや厚手のカーディガンを着ている」。

フリースは、アウトドアのウェアリングでは空気をためる素材なので、アウターではなく、中間着になります。

風をとても通しやすい素材なので、屋内や、防風素材よりも内側に着ると暖かいですが、屋外での風の日には効果がありません。本当かなと思った方は風のある日にインナーを着ないで、フリースだけを着て外に出てみたらすぐ体感できます。

でも、フリースが寒いと言っているわけではないのです。中間着として着れば暖かい素材なのに、機能を知らずに「はおりもの」としかイメージできていないと素材を生かせないという話です。

そのため、バイク製品などいつも風をうけることを前提とするウェアでは、防風加工したフリースが販売されています。フリースをアウターにするなら、アウターの必要条件である、防風が必要になってくるという訳です。

フリースに限らず、風を通す素材を風の日に着ると、着ぶくれしがちです。

風は吹いているけど、気温はそれほど低くない場合、薄いウィンドブレーカーで寒さは防げます。

そんな日にダッフルコートや厚手のカーディガンを着ていても、効率が悪いのです。それらは気温が低い時の対策になりますが(空気の層をつくる中間着の役割についてはまた別の機会に書きます)、風の対策になっていないからです。

着るとシャカシャカと音のする、防風素材のボトムズは風の日に有効です。特に上着は防風していなくても厚着することで、体感温度をごまかすことが可能ですが、ボトムズについては動きにくくなるので、対策が手薄になりがちです。暖かそうな服を着込んでいるのに寒いなと感じたら、ボトムズを防風のものにすることを考えてみてください。

サッカーの監督などが試合中に着ている「ベンチコート」。これは、屋外での防風を意識していますね!足まで防風♪

ただ、防風を強めると内部で蒸れる場合があるので、さらに水をコントロールする必要がでてきます。そのため、レインウェアの記事で書いたように、アウトドアウェアでは、水蒸気を外に放出できる透湿防水素材が、アウターとして愛用されています。

いかがでしょうか?みなさんの日常生活で、防風は意識されていましたか?

風って日常で意識されていないので、天気予報で毎日風向きとか風速が報道されているのに、報道されていることにすら気付かなかったとおっしゃる方多くて・・。

Weather News社のアプリより。お天気情報とともに風向き情報も記載されている

 

 

風は防災・減災でも重要ポイント。普段から感じていることが大切

風は、防災・減災の観点からも重要です。

1923年9月1日午前11時58分に発生した関東大震災は、午前10時の段階での風速10mの南風でした。

地震発生当初から、やや強い南風が吹いていたので、まず北側にむかって延焼しました。その後、17時台から北風にかわり、22時には風速21mの強い風が観測されています。この際、南側にも延焼が広がり、風によって、火事の被害が拡大したと分析されています。

詳しくは、こちらをご参照ください。

■防災基礎講座「災害はどこでどのように起きているか」
(独立行政法人 防災科学技術研究所 自然災害情報室)
http://dil.bosai.go.jp/workshop/02kouza_jirei/s17fire/jishinkasai.htm

火山の噴火の際も風は重要な情報になります。火山灰は風向きによって広がる方向が変わります。

出典:軽井沢市ホームページ「浅間山火山防災マップ」
http://www.town.karuizawa.lg.jp/www/contents/1001000001001/simple/map2.pdf

軽井沢で講演した際、一緒に講義をした防災課の方が「毎日、浅間山をながめて、煙の流れを観察してほしい」と語られていたのが印象的でした。火山付近に暮らす人の毎日の生活の知恵ですね。

そのほかにも、風は原発事故が起こった時に放射性物質が拡散する方向と、避難すべき方向を知るためにも重要になります。

普段から風を全く意識していないと、災害時に風に思いが至らないのではないでしょうか?

都会でも、湾岸部は風がほかの場所より強いですし、ビル風もどんな風向きの時にどのように吹くか、いつも感じていると避難の際にも役立ちます。

雨雲が迫ってきた時のヒヤっとする風の気配。肌で感じていますか?

海にでかけたら、夕凪と朝凪で風がぴたりと止まる瞬間を感じてほしいです。

野山にでかけたら、草の一部だけが、はためいて揺れる場面を見ることができます。そこは風の通り道。なぜ風がその場所を特に好んでやってきたのかがわかると、風と仲良くなれます。

9月中旬から11月までのこの季節、風を利用したタカの渡りを見ることができます。ご覧になったことありますか?

上昇気流がある場所を利用して、何度も旋回したあと直線で滑空する様は、グライダーと同じ原理です。南へと暖かい地方へ移動していきます。

タカ柱と言って、タカが何羽も旋回する様を見ると、ここは風の谷なのだなと感じます。

タカの渡り情報はこちらで
「タカの渡り全国ネットワーク」
http://www.gix.or.jp/~norik/hawknet/hawknet0.html

災害時にしか、風を意識しないなんてもったいなさすぎます。

日常で、風を感じ、効率よく防風をしながら、風が語ってくれる情報に耳を傾けてもらえたらと思います♪

(了)