一戸建ての家屋火災で人命検索目的で外部から侵入する際、玄関が開いていれば一番簡単なのですが、ほとんどの場合は玄関は施錠された状態が多いため、外壁部から2連梯子などを使って進入すると思います。

今まで、具体的にどのようにして火災対象物に進入するべきかという一例を表した消防戦術のビデオが日本にはなかったように思いましたので、今回ご紹介いたします。
    
もちろん火災対象物や環境条件はすべて異なるため、現場では水平思考して応用する必要がありますが、火災防御戦術のコンセプトをわかりやすく映像にすることで、現場経験の少ない消防士への映像シミュレーションワークショップに生かせると思います。

FIRECRAFT PRODIUCTIONS (出典:Youtube)

次のビデオをご覧下さい。


VES (short version) Bryan Martin (出典:YouTube)

まず現場出動時には空気呼吸器を着装し、「バルブを開放して残圧の確認」「携帯無線器のチャンネル確認」「黒煙の上がる方向や風向きを確認」「現着前から水利の確認や車両停車位置の判断」「車両マイクによる野次馬の排除」などを行います。

現場到着後は、関係者の接触による逃げ遅れ者の確認はもちろん、火災対象物の周囲の状況を見て、延焼の可能性のある箇所や周囲の住民避難などを行います。

このときに大切なのは、隊員がどこから排煙し、進入し、人命を検索しながら消火および延焼阻止を行うかを決めることです。通常、火災防御経験豊富な隊員は自動的に体が動きますので、スムーズに余裕ホースを含めた放水準備を開始し、2連ばしごの車両からの脱着や鳶口などの破壊器具を装備し、活動を開始します。

FIRECRAFT PRODIUCTIONS (出典:Youtube)

1、 排煙要領と重要ポイントについて

通常は火災対象物のすべての窓を開放して排煙しますが、それには目的と順番があります。まず、排煙の目的は下記の3つです。

① 開口部の開放により煙の誘導を行って視認性を高め、逃げ遅れた要救助者の避難と消防隊の活動を容易にすること。
② 酸欠や有毒ガスなどの危険要因を取り除く。
③ フラッシュオーバーなどの急激な燃焼拡大の予防

※はしごを掛けて2階まで展長し、開口部を破壊するまでに要する時間は約3分以内が理想です。


排煙時の重要ポイントは、1階部分の窓などの開口部は簡単にアクセスできると思いますが、右利きの消防士が多いため、基本的には開口部の左側から窓を破壊した瞬間にフラッシュオーバーなどの急激な燃焼を伴う現象によるやけどを予防する必要があります。そのため、顔を左に向けながら左側の壁に身を避ける癖を身につけることが重要です。

2連ばしごで2階部分を排煙する窓などの開口部を破壊するときは、まず、空気呼吸器の面体を着装した状態で破壊対象開口部の左側に梯子を掛け、進入しやすい高さに設定します。

次に窓を割る前に内部の様子が確認できるようであれば、左の壁に隠れるような形で内部状況を観察し、下で梯子を確保している隊員に窓を破壊することを告げ、梯子の内側ではなく、外側からの確保を確認後に窓を破壊して進入準備を行います。

もちろん、このとき破壊箇所内部の火勢を強く感じたり、黒煙が吹き出してくる場合や要救助者が排煙しようとする開口部のある部屋にいる可能性が高い場合などは、噴霧放水して開口部を覆いながら排煙活動を行います。理由は、開口部を開放したことにより火勢と黒煙が開放部へ向かってくるため、要救助者が居た場合には危険だからです。

FIRECRAFT PRODIUCTIONS (出典:Youtube)

2、建物進入要領と重要ポイント

 


まず、玄関以外の開口部から建物への侵入が可能な条件は下記の通りです。

① 要救助者が逃げ遅れており、早急な救出が必要な場合。
② フラッシュオーバーを予防したと確認できた場合
③ 床や壁、天井が焼け落ちていない状態で瓦なども落ちてこない状態を確認できた場合
④ 放水準備が整ったことを確認できた場合


一般的にほとんどの場合、排煙した同じ開口部から進入します。内部進入する開口部に多くの選択肢はないと思いますが、できるだけ燃えている場所から離れていて、床が焼け落ちていない場所を選びます。

開口部から進入する際の確認事項は、次の通りです。

① 窓枠に残ったガラスなどを除去する。
② 頭や足から入り、体全体が十分に入れる事を確認。
③ 窓枠の真下などに要救助者が居ないかを確認。
④ 床が抜けていないかを確認。

3、検索要領と重要ポイント

屋内進入後に下の隊員や小隊長に進入完了の合図を与え、濃煙で視認できない場合は、左手を壁伝いに要救助者の検索を開始します。要救助者を発見した場合は、できるだけ玄関や勝手口など脱出が容易な場所から搬出します。

一般家屋火災の場合に逃げ遅れ者が多いのは寝室、居間、炊事場、風呂の順です。ケースバイケースですが、視認性がある場合は検索の優先順位を決めてもいいかもしれません。

また、救出隊と消火隊のコンビネーションチームワークはとても重要ですので、お互いにどのような活動状況かを無線により、情報交信しながら検索活動を進めます。

FIRECRAFT PRODIUCTIONS (出典:Youtube)

今回ご紹介した火災防御戦術訓練の一例は、いかに具体的にシミュレーションし、活動上に起こり得るさまざまな障害や危険要素、それらの対応策などをできる限り上げながら、実際に現場で何が起こっても想定内として対処できるようになるまで行うため、想定に変化を持たせれば終わりのない訓練となります。

また、障害物競走のようなコースや難関を作り、訓練を行うとサーキット訓練のように火災防御訓練と体力訓練を同時に行えると思いますので、廃材などを活用して作ってみられると楽しく訓練できると思います。

いかがでしたか?

近年、全国的に火災件数は減っていますが、今年に入って高齢者宅の火災による死亡件数が増えています。また、夕方から明け方にかけての夜間の火災が多いことから、投光器や発電機、ヘルメットライト、携帯ライトなどの照明器具の準備も必要になってきます。

どうぞ、管轄内の高齢者に「鍋のかけ忘れに注意!」「暖房器具の安全な使い方」など、わかりやすい消防広報を行ってお年寄りを火災から守ってあげて下さい。


一般社団法人 日本防災教育訓練センター
代表理事 サニー カミヤ
http://irescue.jp

(了)