愛知県は21日、田原市の養豚場で家畜伝染病「豚コレラ」に感染した豚が見つかったと発表した。県はこの養豚場と市内の関連農場の豚計約1800頭を殺処分するなど防疫措置を取った。県内では、2月に豊田市と田原市で感染した豚が見つかって以降、発生が相次いでいる。
 県によると、この養豚場は約1000頭、2カ所の関連農場は計約800頭の豚を飼育していた。関連農場では、今月11~19日に計約200頭が出荷されていたが、「(出荷時の)検査で陰性を確認している」という。 (了)

(ニュース提供元:時事通信社)