23日午後4時45分ごろ、山形空港(山形県東根市)で、フジドリームエアラインズ386便が離陸中に滑走路を外れて停止した。乗客60人と乗員4人にけがはなかったが、滑走路が閉鎖された。国土交通省は事故につながる恐れがある重大インシデントに当たると判断した。
 国交省によると、同便は山形発名古屋行きで、同日午後4時40分に出発する予定だった。重大インシデントの認定を受け、運輸安全委員会は事故調査官4人の派遣を決めた。
 同便のほか3便が欠航、1便が仙台空港に臨時着陸し、約230人に影響が出た。空港再開は24日以降となる。 (了)

〔写真説明〕滑走路を外れて止まったフジドリームエアラインズ機=23日午後、山形空港
〔写真説明〕滑走路が閉鎖された山形空港で、出発カウンター前に並ぶ利用客=23日午後

(ニュース提供元:時事通信社)