気象庁は13日、南海トラフ地震評価検討会(会長・平田直東京大地震研究所教授)の定例会合を開き、日向灘で10~11日に起きた地震について、大地震発生の可能性が高まったとは言えないとの見解をまとめた。
 日向灘では10日朝、地震の規模(マグニチュード=M)が6.3の地震が発生し、宮崎市などで震度5弱の揺れを観測。11日朝にもM5.0の地震が起きた。 
 10日の地震は南海トラフ地震の想定震源域内で発生した。平田会長は終了後の記者会見で、規模などを考えると、「影響は大きくないだろうというのが最終的な評価」と説明した。(了)

(ニュース提供元:時事通信社)