名古屋に本社を置く東海テレビ、中京テレビ、CBCテレビ、名古屋テレビの民放4社は20日、南海トラフ地震など大規模災害が発生した場合に、ヘリコプターの空撮映像を共有するための覚書を結んだ。複数の視点で視聴者に緊急性をリアルタイムに伝えるのが狙いで、全国初の取り組み。6月1日から運用を開始する。
 映像の共有は、愛知県または三重県の沿岸部に気象庁から大津波警報が発表された時点で着手。沿岸部を四つのエリアに分け、空港に待機している各社のヘリコプターのうち準備の整った社から緊急性の高いエリアに飛び立つ。襲来する津波を意識して取材し、視聴者に危険性と緊急性について訴求力を高める。後続する社は、前の社との重複を回避し、別のエリアへ飛ぶ。撮影した映像は、生放送で4社に同時伝送する。共有期間は原則24時間。その期間に撮った映像は、その後4社および系列各局が自由に使用できる。
 東日本大震災後に、4社の局長が議論する中で今回の案が浮上。2018年夏ごろから話し合いを重ね、覚書の締結にこぎ着けた。(了)

(ニュース提供元:時事通信社)