あいおいニッセイ同和損害保険、横浜国立大学、エーオンベンフィールドジャパン(東京)は17日、自然災害による被災建物数をリアルタイムで予測する無償サイト「cmap.dev(シーマップ)」を開設したと発表した。災害状況の早期把握や迅速な救助態勢の構築に活用してもらう。自治体などの利用を見込む。
 台風や豪雨、地震が発生した際、実際の気象データを基に、市町村ごとに被災した建物数を予測する。予測内容は気象状況の変化を踏まえて1時間ごとに更新する。(了)

(ニュース提供元:時事通信社)