木下正高・東京大地震研究所教授 神戸から秋田沖にかけての、地殻にひずみがたまっているゾーンで起きた地震。震源が浅いため、表面の地質が弱い場所では非常に強い揺れが生じた可能性がある。今回動いた断層の両隣の断層では当面、以前より地震のリスクが高まる。住民は気象庁の情報などに注意し、高い所に重い物を置かないなど、防災対策を確認してほしい。 (了)

(ニュース提供元:時事通信社)