梅雨前線上の低気圧が対馬海峡を北東へ進んだ影響で、11日午前は西日本で雨が降り、四国の高知県では激しい雨となった。気象庁は、12日未明にかけ、近畿で局地的に大雨になる恐れがあると発表した。突風や落雷にも注意が必要。
 高知県では津野町で11日午前10時までの72時間雨量が411.5ミリに上るなど、雨量が多い所があり、気象庁は土砂災害に警戒を呼び掛けた。
 低気圧は12日にかけ、日本海を北東へ進む見込み。新たに発生する別の低気圧も11日夜に大阪湾付近に進むとみられる。近畿の12日午前6時までの24時間雨量は多い所で、南部が150ミリ、中部が80ミリと予想される。 (了)

(ニュース提供元:時事通信社)