長野県は15日、根羽村で捕獲した野生イノシシ1頭と木曽町で死骸で発見した2頭が豚コレラに感染していたと発表した。すでに8日に木曽町で死骸が見つかった1頭の感染を確認しており、これで合計4頭になった。
 根羽村のイノシシは12日にわなに引っ掛かっていたところを捕獲。木曽町の2頭は13、14両日に相次いで見つかった。 
 県は今後、発見場所から半径10キロ圏内で捕獲した野生イノシシの感染の有無を調べる。また、10キロ圏内に養豚場はないが、感染が拡大しないよう監視を続ける。(了)

(ニュース提供元:時事通信社)