大型の台風5号は19日午前、東シナ海を北上し、20日夜に朝鮮半島に上陸する見通しとなった。一方、梅雨前線は山陰から北陸などに停滞して日本列島の広い範囲で雨が降った。気象庁は沖縄と西・東日本では大雨による土砂災害、低地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。
 沖縄と奄美は高波、九州北部は暴風と高波にも警戒が必要。
 沖縄・先島諸島には19日夜、台風とは別の熱帯低気圧が接近する見込み。西・東日本には暖かく湿った空気が流れ込み、東日本は20日まで、沖縄と西日本は21日まで大雨の恐れがある。
 5号は19日午前9時、東シナ海を時速20キロで北へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。南東側560キロ以内と北西側440キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 20日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、九州北部200ミリ、九州南部180ミリ、四国と沖縄150ミリ、北陸と東海120ミリ。
 その後、21日午前9時までの24時間予想雨量は多い所で、四国と九州200~300ミリ、沖縄と北陸100~150ミリ。 (了)

(ニュース提供元:時事通信社)