【北京時事】中国メディアによると、19日午後5時45分(日本時間同6時45分)ごろ、河南省三門峡市の化学工場で爆発があり、少なくとも2人が死亡した。12人の行方が分からないほか、重傷者18人を含め多数のけが人が出ているもようだ。インターネット上に投稿された事故直後の映像では、煙が一面に漂い、周辺にある多くの建物のガラスが吹き飛ばされている。
 この工場は主にガスを製造しており、今月9日には、同省政府から安全管理の手本となる72社のうちの1社に選ばれていた。中国では今年3月、江蘇省塩城市の化学工場で約700人が死傷する爆発事故が発生したことを受け、全国的に安全管理が強化されたはずだった。 (了)

(ニュース提供元:時事通信社)