総務省消防庁は20日、12~18日の1週間に熱中症で救急搬送されたのは全国で7338人(速報値)だったと発表した。前週(5~11日)の1万2751人から大幅に減少したが、前年同期の4432人と比べ、高い水準が続いている。死者は7人。
 搬送者のうち、3週間以上の入院が必要な重症は131人。65歳以上が全体の52.6%を占め、熱中症の発生場所は住居が44.3%と最も多かった。
 都道府県別では、東京の633人が最多で、大阪576人、埼玉457人と続いた。消防庁は引き続き、熱中症への警戒を呼び掛けている。 

(ニュース提供元:時事通信社)